BioClub Tokyo
BioHack Academy 2022
28th February – 2nd May 2022
BioClub Tokyo will again join the Waag for the BioHack Academy 2022

Let’s make biotechnology public!

Biology is step by step turning into a creative discipline and it’s now up to us to shape its applications and the nature-based solutions it can support.

After completing the BioHack Academy you can grow your own fuel, food, filaments, pharmaceuticals, fragrances and fungi. We’ll teach you how to build your own biolab, how to culture living factories and how to code your experiments, all guided by the appropriate biosafety standards. We have our Open Wet Lab, our Fab Lab and coding class at your disposal.

Learn how to design, grow and extract your own biomaterials using only Open Source hardware you fabricate yourself. Whether it’s a new type of bio-ink, biopolymer or biofuel, we’ll show you how to grow it yourself and share the results with others. For starters, you may choose a product from our collection, such as violacein (purple dye) or cellulose (biopolymer), and/or tell us about your own living material of choice.

When & where

  • Dates: 28th February – 2nd May 2022
  • Location: BioClub Tokyo, FabCafe 2F, 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22−7 道玄坂ピアビル2階
  • Global Lecture. Every Monday 18:00 – 20:00 JST (Will be recorded)
  • Regular Meeting Times will be confirmed after the first session

Language

Global Lectures will be in English, Local Session will be in English/Japanase. You are expected to write the documentation in English. Don’t worry if your English is not perfect – but it should be enough to understand English Presentations.

Registration

Please fill out the registration form and join the BioClub Slack

How we get it done

In 2.5 months we will build up our own biofactories together. Every week a lecture will be given and recorded. You will have access to the BioClub Lab during two days a week to build equipment, conduct experiments and get the support you need

The BioHack Academy lectures will give you insight into what kind of tool we are building and its usefulness in the lab. Whether you choose to either replicate the design of the tutor, improve it or build your own device from scratch. It’s up to you how sophisticated things may get.

The program is a hands-on bootcamp. All students are required to keep track of their progress and document their work, allowing them to learn from each other. Two weeks in advance of each lecture students will receive a recommended materials list and access to the tutor’s design, allowing for enough time to purchase items or to seek alternatives. By the end of the course, you and your fellow classmates will be turned into fully equipped biohackers, capable of growing a broad range of biomaterials, ready to continue production independently at home.

Curriculum

The curriculum and activities in short:

  • Week 1 – Introducing the BioHack Academy
    • Biohacking, Biosafety and Documentation
  • Week 2 & 3 – (un)Making the Lab (hardware)
    • Deconstructing existing lab hardware
    • Making your own lab hardware with open source blueprints
  • Week 4 & 5 – Operating the Lab
    • Wetlab in action: following protocols: making media and growing organisms
    • Wetlab in action: tweaking protocols: DIY-biomaterials, produce and biosensors
  • Week 6 & 7 – Designing Lab experiments in Bio Engineering
    • Recoding life in silico: Designing DNA digitally
    • Cell free expression with CRISPR-Cas9: using CRISPR-Cas9
  • Week 8 & 9 – Individual Experiment
  • Choosing a personal project:
    1. Redesigning lab hardware
    2. Growing your own materials
    3. Designing DNA
  • Week 10 – Final presentations

You will learn from academic, hacker, biodesign and bioart laboratory practices, with lectures from practitioners from all those fields. From hackers making their own laboratory hardware, artists working with CRISPR protocol to academic researchers advocating Open Source experimentation.

  • Make your own Sterile Hood
  • Make your own Magnetic Stirrer
  • Assemble Pocket PCR Machine and Fiber Spectrometer
  • Natural Dyes with natural Bacteria
  • Culturing Slime-molds
  • Plant-Tissue Culture
  • Hunt for Water Bears (Tardigrades)!
  • Genetic Transformation of Bacteria (GFP, E.coli)
  • Genetic Transformation of Bacteria with CRISPR/Cas9
  • Mammalian Tissue Culture
  • Cell-Free Gene Expression
  • Design Your Own Plasmids!
  • Learn how to do PCR!
  • Learn how to use the Bento Lab

Extra Curriculum in Japan, Local Guest Speakers, Excursions

In addition to the Global Lectures from the Waag, we will invite local guest speakers ranging from experts in Bioinformatics, DIY Bio, Virology, BioArt, DNA Sequencing, Bio-Printing, etc. Details to be confirmed.

We will also make excursions to Tokyo-based Research Labs.

What’s next

After the Academy has been completed, you will receive a BioHack Academy Biofactory certificate. The project Github and video channel are open to the public to share the results with the Open Source biotech community at large. In possession of your own biofactory, you may continue to advance your production skills, engage in directed evolution experiments, produce biogas, purify water, bioremediate polluted soil, just to give a few. Bio has no limits!

Participation Fees

The costs for participating at the BioHack Academy through BioClub Tokyo differs from the costs at the Waag.

  • Discounted Participation Fee: ¥130,000 (excl.tax) Applications for Discount are closed.
  • Standard Participation Fee: ¥190,000 (excl.tax)
  • Corporate Participation Fee: ¥375,000 (excl.tax)(Please contact us for corporate discounts.)

Discounted Participation Fee is available for Students, Researchers, NEETs, FabAcademy Graduates. Please get in touch for details. The Discounted Participation Fee is available until Febrary 4th.

100% payment is due upon registration.

All fees include course materials, reagents and disposables.

The maximum of participants for the BioHack Academy 2022 at the BioClub Tokyo is eight, applications are accepted on a first-come / first-serve basis upon receipt of the payment.

Who is BioHack Academy For?

Past participants of BHA in Tokyo included artists, designer, makers, computer engineers, biologist. You don’t need to have a background in biology – just an interest!

Graduation Requirements

  • Finished and Reviewed Documentation
  • Final Project

Local Instructor

  • The local sessions of the BioHack Academy will be organized and led by Georg Tremmel. Other local instructor will also join for specific sessions.

Q & A

Do I need any background in Biology to participate?

No, you will learn everything during the course.

I can not understand English? Can I still participate?

The global lectures and content will be in English, and also you should write the documentation and present your Final Project in English. Your English does not need to be perfect, just enough to communicate with your fellow students.

I want to join! Where do I sign up?`

Please fill out the Application Form. We will get in touch with you!

Will there be another Info Event, where I can learn more about the BioHack Academy and get a Lab Tour of BioClub?

Yes, we will make another in-person Info Session on February 1st at 19:00.

I graduate from previous BioHack Academies at BioClub. Can I join sessions this year?

Please get in touch, you are welcome to join. We would be happy if you could share your experience.

I am worried about Corona? Can we still make the in-person sessions?

We will monitor the situations and follow strict rules to prevent the spread of COVID-19. If we can not hold in-person sessions during BHA we will hold them at a later date.

I am not living in Tokyo. Can I join remotely?

If you have already the possibility to make experiments locally we can support remote participation. Please understand that we can not send you lab equipment to do the experiments. Please contact us to talk about details.

BioClub Tokyoは今年もWaagのBioHack Academy 2022に参加します。

バイオテクノロジーを公共化しよう

生物学は一歩ずつ創造的な学問へと変化しており、その応用と自然を基盤とした解決策を形作るのは、今や私たち次第なのです。

BioHack Academyを修了すると、燃料、食品、フィラメント、医薬品、香料、菌類を自分で栽培することができます。バイオラボの作り方、生きた工場の培養方法、実験のコーディング方法など、適切なバイオセーフティ基準に基づいて指導します。オープンウェットラボ、ファブラボ、コーディングクラスがあり、自由に使うことができます。

自分で製作したオープンソースのハードウェアのみを使用して、独自のバイオマテリアルを設計、成長、抽出する方法を学びます。新しいタイプのバイオインク、バイオポリマー、バイオ燃料など、自分で育てて、その結果を他の人と共有する方法を紹介します。まずは、ビオレイン(紫色の染料)やセルロース(バイオポリマー)など、私たちのコレクションから製品を選んでいただくか、あるいはご自分の好きな生きた素材について教えてください。

いつ、どこで

  • 日程 2022年2月28日~5月2日
  • 場所 BioClub Tokyo, FabCafe 2F, 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目22-7 道玄坂ピアビル2階
  • グローバルレクチャー 毎週月曜日 18:00 – 20:00 (録画予定)
  • 定例会の開催時間は、初回開催後に確定します

言語

グローバルレクチャーは英語、ローカルセッションは英語/日本語で行われる予定です。ドキュメントは英語で書いていただきます。英語は完璧ではありませんが、英語でのプレゼンテーションを理解するのに十分なレベルですので、ご安心ください。

参加登録

登録フォームにご記入の上、BioClub Slackにご参加ください。

How we get it done

2ヶ月半で自分たちのバイオファクトリーを一緒に作り上げていきます。毎週1回、講義を行い、その様子を録画します。週2日、BioClubラボを利用し、装置の製作、実験、必要なサポートを受けることができます。

BioHack Academyの講義では、私たちがどのようなツールを作っているのか、ラボでどのように役立つのかを知ることができます。講師の設計を再現するか、改良するか、自分で一から装置を作るか、どちらかを選択します。どこまで洗練されたものにするかは、あなた次第です。

このプログラムは、ハンズオン・ブートキャンプです。すべての受講生が自分の進捗状況を記録し、お互いに学び合えるよう文書化することが義務付けられています。各講義の2週間前には、推奨材料リストとチューターのデザインへのアクセス権が配布され、アイテムを購入したり、代替品を探したりするための十分な時間が確保されます。コース終了時には、受講生とクラスメートは、様々なバイオマテリアルを成長させることができる完全装備のバイオハッカーとなり、自宅で独自に生産を続けることができるようになります。

カリキュラム

カリキュラムと活動を簡単に説明します。

  • 第1週目:バイオハック・アカデミーの紹介**」。
    • バイオハッキング、バイオセーフティ、ドキュメンテーション
  • 第2週と第3週 – (アン)メイキング・ザ・ラボ(ハードウェア)***。
    • 既存の実験用ハードウェアの分解
    • オープンソースの設計図を使って実験用ハードウェアを自作する
  • 第4週と第5週 – 実験室の運営**について
    • ウェットラボの実際:プロトコルに従う:培地作りと生物育成
    • ウェットラボの実際:プロトコルの調整。DIY-バイオマテリアル、プロデュース、バイオセンサー
  • 第6週と第7週:バイオエンジニアリングの実験デザイン**。
    • 生命をインシリコで記録する。DNAをデジタルにデザインする
    • CRISPR-Cas9を用いた無細胞発現:CRISPR-Cas9の活用
  • 第8週、第9週 個人実験**について
  • 個人プロジェクトの選択
    1. ラボのハードウェアを再設計する
    2. 材料を自分で育てる
    3. DNAの設計
  • 第10週目:最終発表会***。

アカデミック、ハッカー、バイオデザイン、バイオアートの研究室の実践を、各分野の実践者の講義を受けながら学びます。実験用ハードウェアを自作するハッカーから、CRISPRプロトコルに取り組むアーティスト、オープンソース実験を提唱する学術研究者まで。

  • 無菌フードを作ろう
  • マグネチックスターラーを作ろう
  • PocketPCR 機械とファイバー分光器 を組み立てる。
  • 天然菌による天然染料
  • 粘菌の培養
  • 植物組織培養
  • 水グマ(クマムシ)を追え!?
  • 細菌の遺伝子組換え(GFP、大腸菌)
  • CRISPR/Cas9による細菌の遺伝子組換え
  • 哺乳類組織培養
  • 無細胞遺伝子発現
  • プラスミドをデザインしよう
  • PCRのやり方を学ぼう
  • Bento Labの使い方を学ぼう

日本での追加カリキュラム、現地講師、エクスカーション

Waagからのグローバルレクチャーに加え、バイオインフォマティクス、DIYバイオ、ウイルス学、バイオアート、DNAシークエンス、バイオプリンティングなどの専門家を現地に招き、講演を行います。詳細は未定です。

また、東京の研究室へのエクスカーションも予定しています。

次のステップへ

アカデミー終了後、BioHack Academy Biofactoryの修了証をお渡しします。プロジェクトのGithubと動画チャンネルを公開し、オープンソースのバイオテクノロジーコミュニティで広く成果を共有します。自分のバイオファクトリーを手に入れたら、生産技術の向上、指向性進化実験、バイオガスの生産、水の浄化、汚染土壌のバイオレメディエーションなど、さまざまなことに挑戦してください。バイオに限界はないのです。

参加費用

BioClub Tokyoを通したBioHack Academyの参加費用は、Waagでの参加費用と異なり、以下の通りです。

  • 参加費割引:130,000円(税抜)割引の申し込みは締め切りました。
  • 通常参加費:190,000円(税抜)
  • 企業参加費:375,000円(税抜)(法人割引については、お問い合わせください。)

学生、研究者、ニート、FabAcademy卒業生には参加費割引制度があります。詳しくはお問い合わせください。参加費割引は2月4日までです。

参加費のお支払いは、お申し込み時に全額お支払いいただきます。

参加費には、教材費、試薬代、消耗品代が含まれます。

BioHack Academy 2022 at the BioClub Tokyoの定員は8名で、先着順で参加費をお支払いいただきます。

BioHack Academyは誰のためのものですか?

過去に東京で開催されたBHAの参加者は、アーティスト、デザイナー、メーカー、コンピュータエンジニア、バイオロジストなどです。生物学の知識がなくても、興味があれば大丈夫です。

卒業に必要な条件

  • 完成し、レビューされたドキュメント
  • 最終プロジェクト

現地講師

  • BioHack Academyのローカルセッションは、Georg Tremmelが企画・運営を行います。また、特定のセッションには他の現地講師も参加する予定です。

Q&A

参加するには生物学の知識が必要ですか?

いいえ、コース中にすべて学ぶことができます。

英語を理解することができません。それでも参加できますか?

講義は英語で行われます。また、ドキュメントやファイナルプロジェクトの発表も英語で行う必要があります。英語は完璧である必要はなく、他の受講生とコミュニケーションをとるのに十分なレベルであれば大丈夫です。

参加したいです。どこで申し込めばいいのでしょうか?

Application Formに必要事項を記入してください。折り返しご連絡いたします。

BioHack Academyの詳細やBioClubのラボツアーができるインフォメーションイベントはありますか?

はい、2月1日19:00に再度、直接お会いしての説明会を行います。

BioClubで開催された過去のBioHack Academyを卒業した者です。今年のセッションに参加できますか?

ぜひご連絡ください。体験談をお寄せいただけると幸いです。

Coronaが心配なのですが?それでも対面式セッションに参加できますか?

COVID-19の普及を防ぐため、状況を見ながら、厳しいルールで対応します。BHA期間中に対面式セッションを開催できない場合は、後日開催する予定です。

東京に住んでいないのですが、参加できますか?リモートで参加できますか?

すでに現地で実験が可能な方であれば、遠隔での参加も可能です。ただし、実験器具をお送りすることはできませんのでご了承ください。詳細については、お問い合わせにてご相談ください。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。